ずいぶん科学的の様な印象を受けるかもしれませんが、太りやすい遺伝子、逆に太りにくい遺伝子というものは確かに存在するようです。 だけど、あなたがもし太りやすい遺伝子を持っている事が分かっても絶対に肥満体型になるかと言うと、そうではありませんから、安心して下さい。 例えば10人の太りやすい遺伝子を持っている人が居たとします。 10人みんなが肥満体型になってしまっている訳ではないのです。 太りやすい遺伝子にプラスして暴飲暴食や、だらだらと好物ばかりを大量に食べるなどという自分を甘やかした食生活をしている。 こう言う事が要素として加わってくると太りやすくなってしまいます。 最初から太りにくい人と比べると、かなり部が悪く太りやすくなってしまうそうです。 その逆に、太りにくい遺伝子を生まれつき持っている人が、同じように暴飲暴食をしたり食欲のままの生活をしても太らない人も居るんです。 なんだか不公平ですねぇ。 同じ暴飲暴食を食欲のままに続けても、太りにくい遺伝子を持つ人ならば見た目ですぐ分かるような体重の増え方はしないのです。 その人が持っている遺伝子タイプの違いによって、やはりタイプ別のダイエット方法もあるので沢山のやり方が言われていますが、食生活も遺伝子に応じた方法というものがあります。 純粋な日本人の遺伝子に近いのであれば当然ですが日本食が適しているのです。口コミで評判デルバラスリムビューティ購入 もともと、米や穀物、植物を多くとってきたプロセスがあって消化器も欧米人より長かったりするのです。 だから、日本人の遺伝子を持つ人が欧米で食べられる様なファーストフードや、油脂質を多い食生活を続けていると太ってしまう原因になってしまうのです。 もし、自分が太る遺伝子を持っていたら子供や孫にまで太る体質になってしまうかといわれると、それは絶対に太る体質になるとは言えないのも本当です。 遺伝子は一定ではなく、時に変化をなす事も少なくありません。 だから、あなたが太りやすい遺伝子を持っていても必ずしも太るという事にはなりませんし、だからと言って太りませんよ!とは言えません。 生活習慣の影響でも遺伝子は変化をなします。 近年では遺伝子の影響を明らかにしているのは、生活習慣によるのではないだろうか?とも言われています。