近年、様々な症状を引き起こすシックハウス症候群が社会問題化しています。抵抗力の弱い子どもや老人はもちろん、成人している人も多く発症しているのです。そもそもの病気の原因は、住まいに使われている建材や家具に含まれるホルムアルデヒド。空気中に漂うホルムアルデヒドを吸引・蓄積することで、様々な症状が発症するとされています。室内空気汚染とも言われるこの症例は現在増える一方で、医学的な取り組みが遅れているのが現状です。 ひとつの対策として、家具や建材などの製造段階から原因となる物質を使わないようにするという取り組みが行われていますが、壁材などの建材以外にも様々な化学物質が私たちを取り囲んでいるため、未だにこの症候群は増加の一途を辿っているのです。また、現在では原因化学物質だけでなく、湿気やカビも原因のひとつと考えられています。 当サイトではこの症状について掘り下げ、対策を考えていきます。 シックハウス症候群の症状 シックハウス症候群の症状 症状は多岐にわたります。また、本人にしか自覚できない症状ですが、風邪や精神疾患などと勘違いされることもよくあります。なんとなく調子が悪いなと思っていても、それがシックハウス症候群だと本人も気づかないことがよくあるのです。 ・ 目の痛み、充血、チカチカする ・ 偏頭痛、集中力の低下 ・ 耳鳴り、平衡感覚の異常 ・ じんましん、湿疹、肌荒れ このような症状、特に室内にいるときに症状が強く起こる場合には、この症候群を疑ってください。そもそも問題に気づかなければ、根本的な解決には至りません。まずは疑うこと、そして次に対策を講じることが大切なのです。 ほかでもない、大切なご自身とご家族の健康のことです。「うちにかぎって」「うちは大丈夫」といった根拠のない甘い考えに委ねるのではなく、真剣に考えていただければ幸いです。 いつまでも健康で過ごすために、いつまでも笑顔で快適で暮らしていくために。住まいに潜む危険について知り、適切な対策を講じていきましょう。都会で生活する私たちの周りは、人口の化学物質ばかりと言っても過言ではありません。特に住居環境は、最たるもので「壁、床などの建材、塗料、接着剤、家具、日用品」などに含まれる化学物質、有機溶剤は、シックハウス症候群の主な原因とされています。 具体的には、それらから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物が問題視されています。 また、カーペット、畳、洗剤、化粧品から洋服にいたるまで化学物質でできているので、微粒子となって部屋中に漂っていて非常に危険な住宅もあります。 そして現在では、化学物質のみならず、湿気やそれに伴うカビの発生もシックハウス症候群の大きな要因と考えられています。 このように、ひとつの要素が原因となるケースよりも、化学物質、湿気、カビの複合的な要素が絡み合い、発症することが多いようです。 なぜ、シックハウス症候群が発生したのか? なぜ、シックハウス症候群が発生したのか? わが国では、年間300件以上という報告があるようにシックハウス症候群で多くの人が苦しんでいます。 詳しい研究によると、そこには日本の家の建築法の変化や燃料、エネルギーの変化などが関係していることがわかっています。 当然ながら、人に害があることを前提で住宅が建築されていったわけではありません。建材を強力にして耐久性を高めたり、害虫対策を施すために化学物質が使われてきたのです。 その化学物質も微々たるものでしたので、当時はこれほど問題になることは予想できませんでした。 これ以外にも、断熱材やアルミサッシを多用した住宅が増え気密性が高まった一方、通気性が悪くなったこともシックハウス症候群の大きな要因になりました。 このように、通気性が悪くなったことに伴って湿気が多くなり、カビの発生を生み、シックハウス症候群の原因になっているようです。 朝起きたとき偏頭痛がするが、学校や会社へ行くと頭痛が治まる 室内に閉じこもっていると倦怠感に襲われ、やる気がおきない 原因不明の蕁麻疹がでる。外の空気に触れていると蕁麻疹がひく 最近、朝起きると目やにが多くでる 外出時は問題なかったが、帰宅後下痢や便利に悩まされることが増えた 家にいると食欲が減退するようになった 長時間室内にいるとタンが絡んだり、のどに刺激を覚える 帰宅すると、気分が悪くなり吐き気がすることがある 仕事中は気にならないが、自宅に戻ると肩こりや腰痛が気になる 帰宅後、花粉症でもないのに鼻水やくしゃみが頻発する 休日、家に長くいると湿疹が出る 自宅に長時間いると無性にイライラするわが国での、シックハウス症候群の危害情報は年間で300件以上を超えています。この報告に応じて、国では総合対策を行っています。 人生最大の買物である『家』が『病気になる家』では、どうにもなりません。では、具体的に国で行っているシックハウス対策はどのようなものなのでしょうか? 厚生労働省、国土交通省等の関係省庁は相互に協力をし、原因の分析、基準の設定、などの防止対策を行っています。その対策の1つとして、13の物質を挙げ、室内濃度指針値を設定しています。 特に、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼンの4つの物質に関しては、非常に高い汚染が確認されたことを受けて、指針が設定されました。 ホルムアルデヒドの指針値は、ヒトの短期間の曝露を防ぐことを指標として設定されています。対して、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼンに関しては、長期間の曝露によって起こる毒性を指標としています。 他の9つの物質の指針値は、現在の科学的見地に基づいて、ヒトが基準値の濃度以下の曝露を一生涯受け続けた場合においても、健康を害さない値として設定されています。 物質の特性 1.ホルムアルデヒド ホルムアルデヒドは刺激臭のある無色の気体です。この物質の35?37%水溶液をホルマリンといいます。 建材としては主に殺菌防腐剤として用いられ、接着剤として合板やパーティクルボード等に広く使用されていましたが、平成15年7月、改正建築基準法によって、ホルムアルデヒドを発散する建材の面積が制限されています。(内装仕上げに使用する場合) 2.トルエン トルエンも無色の液体ですが、シンナーのような強い刺激臭があります。建材においては、接着剤や塗料の溶剤や希釈剤が主な用途です。 その他、自動車等のエンジンのアンチノッキング剤としてガソリンに添加されることがあります。高濃度では、中枢神経にも影響を与えます。 3.キシレン シンナーに含まれる有機溶剤の一つで、接着剤や清掃用ワックスに多く含まれています。 その他、アンチノッキング剤としてガソリンに添加されるケースもあります。臭いもガソリンに近く無色です。高濃度においては、目や気道に刺激を感じます。 4.パラジクロロベンゼン パラジクロロベンゼンとは揮発性有機化合物の1種であり、常温で白い結晶の固体で特有の刺激臭があります。 通常、衣類の防虫剤やトイレの防臭剤として使われます。市販の防臭剤のほとんどの成分に含まれています。動物実験では、アレルギー疾患や肝臓障害などが指摘されています。 5.エチルベンゼン エチルベンゼンとは常温では無色透明な液体で、主にポリスチレンの原料として使用されています。その他、油性塗料、接着剤、インキなどの溶剤としても広く使用されている混合キシレンの成分としても使用されています。 体内に取り込まれた場合でも、代謝され速やかに排出されるため、体内への蓄積性は低いと考えられています。 6.スチレン スチレンは無色または黄色をおびた油状の液体で、特徴的な臭気を有します。 主に、ポリスチレンなどの合成樹脂、ABS樹脂、イオン交換樹脂合成ゴム、合成樹脂塗料の原料などとして使われることが多く、これらの樹脂を使用している断熱材、浴室ユニット、畳心材等、家具、包装材等に未反応のモノマーが残留していた場合には、室内空気中に揮散する可能性があります。 食品トレーなどに使われる発泡スチロールも、スチレンを原料としてつくられたポリスチレンを発泡させて製造したものです。 7.クロルピリホス クロルピリホリスは、主に防蟻剤、殺虫剤などに利用されている物質です。 低濃度暴露の場合において、倦怠感、頭痛、めまい、悪心、嘔吐などの人体への影響が報告されています。ラットの毒性試験の結果では、クロルピリホスは低用量でも新生児に影響を及ぼす可能性があるという結果が出されています。 以前は、シロアリ駆除に利用されていましたが、改正建築基準法が施行され、居室を有する建築物への使用が禁止されました。 8.フタル酸ジ-n-ブチル タル酸ジ-n-ブチルは、無色または微黄色の粘ちょう性の液体で、建築用材としてはラッカー、接着剤、レザーなどの原料や各種合成樹脂の可塑剤として利用されます。 高濃度の蒸気は粘膜刺激作用がありますが、その揮発性は低いため、ガス暴露による中毒の危険性は実際的には小さいと考えられています。 9.テトラデカン テトラデカンは無色透明な液体で、石油に近い臭いを有します。塗料の溶剤に使用されるほか、灯油が発生源となります。 高濃度では刺激性及び麻酔性があると報告されています。 10.フタル酸ジ-2-エチルヘキシル フタル酸ジ-2-エチルヘキシルは粘ちょう性の液体で、プラスチックの可塑剤として有名なものです。 塩化ビニル、ニトロセルロース、メタクリル酸、塩化ゴムに良好な相溶性があり、壁紙、床材、シート、レザー、電線被覆材などで利用されています。 11.ダイアジノン 純品では弱いエステル臭を有し、常温では無色のやや粘ちょう性の液体です。殺虫剤の有効成分として使用され、マイクロカプセル化したゴキブリ用残留散布剤としても有名です。 ダイアジノンによる中毒症状は、「7.クロルピリホス」とほぼ同じです。 12.アセトアルデヒド 刺激臭のある無色の液体で、沸点が20.2℃で高揮発性となっています。エタノールの酸化により生成され、主に接着剤や防腐剤、合成樹脂、合成ゴムなどの様々な化学製品に使用します。 さらには、タバコの煙にも含まれており、アルコールを飲んだヒトの体内でも生成され、二日酔いの原因になります。 高濃度の蒸気を吸入すると、気管支炎や肺浮腫、麻酔作用などがありますが、初期症状は慢性アルコール中毒に似ています。 13.フェノブカ 純品は無色の結晶でわずかな芳香臭があります。防蟻剤・その他水稲、野菜などの害虫駆除に使用されています。 家庭内では防蟻剤として用いられ、土壌に適切に処理された場合、室内への放散は低いと言われています。シックハウス症候群を防ぐためには、まず有害な化学物質を住宅内から排除することです。近年では、シックハウス症候群を考慮し、健康に配慮された住宅も多く登場しています。 具体的には、ホルムアルデヒドを使用していない接着剤で壁紙を貼ったり、ホルムアルデヒドの使用を抑えたフローリングを使用するといったものです。 しかしながら、完全な対策が確立されていないのも現状であり、ホルムアルデヒドに関する厚生省のガイドライン「0.08ppm」を満たすだけでは解決できない問題なのです。 シックハウス症候群対策 シックハウス症候群対策 また、シックハウス症候群対策としては、以下の事項が挙げられます。滋養強壮高麗人参サプリメントの摂取などや 効果的な換気を心がける できる限り新築後、しばらく期間をあけてから入居する 空気の入り口と出口をつくる(空気の流れをつくる) 発生源を室内に持ち込まない 家具、カーテン、日用品など発生源をチェックする 有害だと思われる、芳香剤、殺虫剤を使わない 衣類の防虫剤(パラジクロロベンゼン等)を使わない 目に見えるカビを市販の薬剤等で排除する まず、入居後には換気を行うことが有効になります。両側2つの窓を開け、空気の通り道を作り換気を促します。換気扇や扇風機を使うのも有効な手段です。 外出時に閉め切らなければならない場合でも、トイレ、洗面所、浴室など湿気が多いところは、常時換気扇を回しておくことをおすすめします。 特にトイレや、押入れなど湿度が高く、狭い空間には注意が必要です。 また、室内の温度・湿度とともにホルムアルデヒド濃度は上昇しますので、夏期や冬場の暖房は特に注意が必要です。