心理カウンセリングについてなのですが、心療内科などでカウンセリングも並行して行っているのであれば問題はないと思います。 現在通院しているけどカウンセリングも受けたい。そういったときは医師にまず相談をしてみましょう。 カウンセリングは症状にあったものを選択することによって、効果が表れます。しかし問題も多く、あまり好んで勧めない医師も少なくありません。 なぜかというと心理カウンセラーは民間の資格であり、国家資格ではありません。 ぶっちゃけた話、無資格でカウンセリングを行っている人がいるのも事実です。 選択にあたっては資格を保有しているのか、信頼できるのか、ここらへんをしっかりと見極める必要があります。 しかし有能な方もいますので、いろいろと調べてみるのもいいかもしれません。様々な精神科、心療内科があるように医師も様々です。 うつ病の治療をするにあたって、医師との相性は不可欠。 処方をされてから次の通院まで間があきますよね? この間にあった自分にとってプラスと感じたこと、マイナスに感じたこと。 全て話せることがベストであり、またそれをしっかりと聞いてくれる医師との出会いはとても大切です。 良い医師との出会いは自分にとってもプラスであるし、うつ病克服への大きな力となります。 うつ病の治療として薬をつかったものではなく、精神的な部分に直接働きかけることによって改善していきましょうというものがあります。 これを心理療法といいます。手法は様々ですが自分に適した療法を選択できることもあり、効果的ともいわれています。 クライアントの意思を操作するのが心理療法ではありません。道作りをしてあげるのが本来の心理療法のあり方です。うつ病の治療法の一つとして、投薬による治療があります。 目的は薬で症状をおさえながら、心と体を安定させて回復の方向へ向かわせようというものです。 薬の効果は休養と周りの理解があって初めて現れます。 そして大事なのは自分の判断で量の調節や飲むのを止めたりしないこと。 気持ちに余裕がでてきたら、その旨を医師に話して量などの調節をしていきましょう。 少しずつ量を減らし、そして最後には服用なしで生活に支障をきたさない状態に持っていきましょうというのが薬物療法です。