近年、様々な症状を引き起こすシックハウス症候群が社会問題化しています。抵抗力の弱い子どもや老人はもちろん、成人している人も多く発症しているのです。そもそもの病気の原因は、住まいに使われている建材や家具に含まれるホルムアルデヒド。空気中に漂うホルムアルデヒドを吸引・蓄積することで、様々な症状が発症するとされています。室内空気汚染とも言われるこの症例は現在増える一方で、医学的な取り組みが遅れているのが現状です。 ひとつの対策として、家具や建材などの製造段階から原因となる物質を使わないようにするという取り組みが行われていますが、壁材などの建材以外にも様々な化学物質が私たちを取り囲んでいるため、未だにこの症候群は増加の一途を辿っているのです。また、現在では原因化学物質だけでなく、湿気やカビも原因のひとつと考えられています。 当サイトではこの症状について掘り下げ、対策を考えていきます。 シックハウス症候群の症状 シックハウス症候群の症状 症状は多岐にわたります。また、本人にしか自覚できない症状ですが、風邪や精神疾患などと勘違いされることもよくあります。なんとなく調子が悪いなと思っていても、それがシックハウス症候群だと本人も気づかないことがよくあるのです。 ・ 目の痛み、充血、チカチカする ・ 偏頭痛、集中力の低下 ・ 耳鳴り、平衡感覚の異常 ・ じんましん、湿疹、肌荒れ このような症状、特に室内にいるときに症状が強く起こる場合には、この症候群を疑ってください。そもそも問題に気づかなければ、根本的な解決には至りません。まずは疑うこと、そして次に対策を講じることが大切なのです。 ほかでもない、大切なご自身とご家族の健康のことです。「うちにかぎって」「うちは大丈夫」といった根拠のない甘い考えに委ねるのではなく、真剣に考えていただければ幸いです。 いつまでも健康で過ごすために、いつまでも笑顔で快適で暮らしていくために。住まいに潜む危険について知り、適切な対策を講じていきましょう。都会で生活する私たちの周りは、人口の化学物質ばかりと言っても過言ではありません。特に住居環境は、最たるもので「壁、床などの建材、塗料、接着剤、家具、日用品」などに含まれる化学物質、有機溶剤は、シックハウス症候群の主な原因とされています。 具体的には、それらから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物が問題視されています。 また、カーペット、畳、洗剤、化粧品から洋服にいたるまで化学物質でできているので、微粒子となって部屋中に漂っていて非常に危険な住宅もあります。 そして現在では、化学物質のみならず、湿気やそれに伴うカビの発生もシックハウス症候群の大きな要因と考えられています。 このように、ひとつの要素が原因となるケースよりも、化学物質、湿気、カビの複合的な要素が絡み合い、発症することが多いようです。 なぜ、シックハウス症候群が発生したのか? なぜ、シックハウス症候群が発生したのか? わが国では、年間300件以上という報告があるようにシックハウス症候群で多くの人が苦しんでいます。 詳しい研究によると、そこには日本の家の建築法の変化や燃料、エネルギーの変化などが関係していることがわかっています。 当然ながら、人に害があることを前提で住宅が建築されていったわけではありません。建材を強力にして耐久性を高めたり、害虫対策を施すために化学物質が使われてきたのです。 その化学物質も微々たるものでしたので、当時はこれほど問題になることは予想できませんでした。 これ以外にも、断熱材やアルミサッシを多用した住宅が増え気密性が高まった一方、通気性が悪くなったこともシックハウス症候群の大きな要因になりました。 このように、通気性が悪くなったことに伴って湿気が多くなり、カビの発生を生み、シックハウス症候群の原因になっているようです。 朝起きたとき偏頭痛がするが、学校や会社へ行くと頭痛が治まる 室内に閉じこもっていると倦怠感に襲われ、やる気がおきない 原因不明の蕁麻疹がでる。外の空気に触れていると蕁麻疹がひく 最近、朝起きると目やにが多くでる 外出時は問題なかったが、帰宅後下痢や便利に悩まされることが増えた 家にいると食欲が減退するようになった 長時間室内にいるとタンが絡んだり、のどに刺激を覚える 帰宅すると、気分が悪くなり吐き気がすることがある 仕事中は気にならないが、自宅に戻ると肩こりや腰痛が気になる 帰宅後、花粉症でもないのに鼻水やくしゃみが頻発する 休日、家に長くいると湿疹が出る 自宅に長時間いると無性にイライラするわが国での、シックハウス症候群の危害情報は年間で300件以上を超えています。この報告に応じて、国では総合対策を行っています。 人生最大の買物である『家』が『病気になる家』では、どうにもなりません。では、具体的に国で行っているシックハウス対策はどのようなものなのでしょうか? 厚生労働省、国土交通省等の関係省庁は相互に協力をし、原因の分析、基準の設定、などの防止対策を行っています。その対策の1つとして、13の物質を挙げ、室内濃度指針値を設定しています。 特に、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼンの4つの物質に関しては、非常に高い汚染が確認されたことを受けて、指針が設定されました。 ホルムアルデヒドの指針値は、ヒトの短期間の曝露を防ぐことを指標として設定されています。対して、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼンに関しては、長期間の曝露によって起こる毒性を指標としています。 他の9つの物質の指針値は、現在の科学的見地に基づいて、ヒトが基準値の濃度以下の曝露を一生涯受け続けた場合においても、健康を害さない値として設定されています。 物質の特性 1.ホルムアルデヒド ホルムアルデヒドは刺激臭のある無色の気体です。この物質の35?37%水溶液をホルマリンといいます。 建材としては主に殺菌防腐剤として用いられ、接着剤として合板やパーティクルボード等に広く使用されていましたが、平成15年7月、改正建築基準法によって、ホルムアルデヒドを発散する建材の面積が制限されています。(内装仕上げに使用する場合) 2.トルエン トルエンも無色の液体ですが、シンナーのような強い刺激臭があります。建材においては、接着剤や塗料の溶剤や希釈剤が主な用途です。 その他、自動車等のエンジンのアンチノッキング剤としてガソリンに添加されることがあります。高濃度では、中枢神経にも影響を与えます。 3.キシレン シンナーに含まれる有機溶剤の一つで、接着剤や清掃用ワックスに多く含まれています。 その他、アンチノッキング剤としてガソリンに添加されるケースもあります。臭いもガソリンに近く無色です。高濃度においては、目や気道に刺激を感じます。 4.パラジクロロベンゼン パラジクロロベンゼンとは揮発性有機化合物の1種であり、常温で白い結晶の固体で特有の刺激臭があります。 通常、衣類の防虫剤やトイレの防臭剤として使われます。市販の防臭剤のほとんどの成分に含まれています。動物実験では、アレルギー疾患や肝臓障害などが指摘されています。 5.エチルベンゼン エチルベンゼンとは常温では無色透明な液体で、主にポリスチレンの原料として使用されています。その他、油性塗料、接着剤、インキなどの溶剤としても広く使用されている混合キシレンの成分としても使用されています。 体内に取り込まれた場合でも、代謝され速やかに排出されるため、体内への蓄積性は低いと考えられています。 6.スチレン スチレンは無色または黄色をおびた油状の液体で、特徴的な臭気を有します。 主に、ポリスチレンなどの合成樹脂、ABS樹脂、イオン交換樹脂合成ゴム、合成樹脂塗料の原料などとして使われることが多く、これらの樹脂を使用している断熱材、浴室ユニット、畳心材等、家具、包装材等に未反応のモノマーが残留していた場合には、室内空気中に揮散する可能性があります。 食品トレーなどに使われる発泡スチロールも、スチレンを原料としてつくられたポリスチレンを発泡させて製造したものです。 7.クロルピリホス クロルピリホリスは、主に防蟻剤、殺虫剤などに利用されている物質です。 低濃度暴露の場合において、倦怠感、頭痛、めまい、悪心、嘔吐などの人体への影響が報告されています。ラットの毒性試験の結果では、クロルピリホスは低用量でも新生児に影響を及ぼす可能性があるという結果が出されています。 以前は、シロアリ駆除に利用されていましたが、改正建築基準法が施行され、居室を有する建築物への使用が禁止されました。 8.フタル酸ジ-n-ブチル タル酸ジ-n-ブチルは、無色または微黄色の粘ちょう性の液体で、建築用材としてはラッカー、接着剤、レザーなどの原料や各種合成樹脂の可塑剤として利用されます。 高濃度の蒸気は粘膜刺激作用がありますが、その揮発性は低いため、ガス暴露による中毒の危険性は実際的には小さいと考えられています。 9.テトラデカン テトラデカンは無色透明な液体で、石油に近い臭いを有します。塗料の溶剤に使用されるほか、灯油が発生源となります。 高濃度では刺激性及び麻酔性があると報告されています。 10.フタル酸ジ-2-エチルヘキシル フタル酸ジ-2-エチルヘキシルは粘ちょう性の液体で、プラスチックの可塑剤として有名なものです。 塩化ビニル、ニトロセルロース、メタクリル酸、塩化ゴムに良好な相溶性があり、壁紙、床材、シート、レザー、電線被覆材などで利用されています。 11.ダイアジノン 純品では弱いエステル臭を有し、常温では無色のやや粘ちょう性の液体です。殺虫剤の有効成分として使用され、マイクロカプセル化したゴキブリ用残留散布剤としても有名です。 ダイアジノンによる中毒症状は、「7.クロルピリホス」とほぼ同じです。 12.アセトアルデヒド 刺激臭のある無色の液体で、沸点が20.2℃で高揮発性となっています。エタノールの酸化により生成され、主に接着剤や防腐剤、合成樹脂、合成ゴムなどの様々な化学製品に使用します。 さらには、タバコの煙にも含まれており、アルコールを飲んだヒトの体内でも生成され、二日酔いの原因になります。 高濃度の蒸気を吸入すると、気管支炎や肺浮腫、麻酔作用などがありますが、初期症状は慢性アルコール中毒に似ています。 13.フェノブカ 純品は無色の結晶でわずかな芳香臭があります。防蟻剤・その他水稲、野菜などの害虫駆除に使用されています。 家庭内では防蟻剤として用いられ、土壌に適切に処理された場合、室内への放散は低いと言われています。シックハウス症候群を防ぐためには、まず有害な化学物質を住宅内から排除することです。近年では、シックハウス症候群を考慮し、健康に配慮された住宅も多く登場しています。 具体的には、ホルムアルデヒドを使用していない接着剤で壁紙を貼ったり、ホルムアルデヒドの使用を抑えたフローリングを使用するといったものです。 しかしながら、完全な対策が確立されていないのも現状であり、ホルムアルデヒドに関する厚生省のガイドライン「0.08ppm」を満たすだけでは解決できない問題なのです。 シックハウス症候群対策 シックハウス症候群対策 また、シックハウス症候群対策としては、以下の事項が挙げられます。滋養強壮高麗人参サプリメントの摂取などや 効果的な換気を心がける できる限り新築後、しばらく期間をあけてから入居する 空気の入り口と出口をつくる(空気の流れをつくる) 発生源を室内に持ち込まない 家具、カーテン、日用品など発生源をチェックする 有害だと思われる、芳香剤、殺虫剤を使わない 衣類の防虫剤(パラジクロロベンゼン等)を使わない 目に見えるカビを市販の薬剤等で排除する まず、入居後には換気を行うことが有効になります。両側2つの窓を開け、空気の通り道を作り換気を促します。換気扇や扇風機を使うのも有効な手段です。 外出時に閉め切らなければならない場合でも、トイレ、洗面所、浴室など湿気が多いところは、常時換気扇を回しておくことをおすすめします。 特にトイレや、押入れなど湿度が高く、狭い空間には注意が必要です。 また、室内の温度・湿度とともにホルムアルデヒド濃度は上昇しますので、夏期や冬場の暖房は特に注意が必要です。
きょうのできごと漢方と言っても、中国の漢の時代より現代まで、いろいろな考え方、いろいろな漢方薬がありますが、日本漢方には後世(ごせい)方と古方、中医学と言う大きな流派があります。これとは別に一貫堂医学という流派があります。一貫堂医学は明治時代、森道伯という僧侶が始めた体質改善を主にした漢方療法です。この先生は漢方、鍼灸、宗教、慈善運動家等いろいろ多岐にわたり活躍されました。漢方の腕は良く名医と言われたのですが、しかしよく解らない謎の人で、御本人は何も書物を残されませんでした。 弟子の矢数格先生が「漢方一貫堂の医学」を書かれ現代に伝えられました。以後日本では一部の処方が体質改善に良いと多用されています。一貫堂では慢性病・体質的な病気は体内に「毒素」が蓄積され、それが原因で発病しやすくなり、なかなか良くならないと考えます。 現代人を「毒素」の種類によって大きく三つの体質に分類し、それに対応する処方で治療します。(臓毒証体質、お血証体質、解毒証体質) 一貫堂処方はそれぞれ体質の「毒素」を体外に排出させます。その結果、自然治癒力が強くなり症状が改善して再発しなくなるのです。 平成の現代では昭和初期より人間が虚弱化しているため、より胃腸を強くしなければ「毒素」を排出できない人が多くなっています。  現代人を大きく三種類に分類し場合によってはそれを組み合わせ治療しています。皮膚は色白で、体格はしっかりとして、脂肪が多いか、筋肉質かどちらかです。美食していそうな色白のぽっちゃりタイプと肉体を使う筋肉質タイプです。水を飲んでも太ると言うタイプがこれです。  解毒体質と異なり、成人するまで、病気になる事は少なく健康ですが、壮年期以降は、動脈硬化が起こり、脳血管障害、心臓病、糖尿病などにかかりやすく、喘息などになりやすく、結核体質ではなくいわゆる現代病・成人病になり、死亡にいたることも多いタイプです。  一貫堂で言う「臓毒」とは臓器の毒で、いわゆる新陳代謝障害など、その他後天的な毒素が身体の各臓器に蓄積した物をいいます。「臓毒」には風毒、食毒、水毒、血毒があります。  臓毒証体質の人とは先天的には身体が丈夫ですが、日頃よりの不摂生・暴飲暴食・いろいろな病気等のためにできた「臓毒」が蓄積され、その結果として病気になる人です。 臓毒証体質のかかりやすい病気は? 1.生活習慣病 (美食・運動不足・不摂生によって起きる病気の治療、予防に使用する。) 高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、痛風、肥満症、高脂血症、等 2.皮膚病 (皮膚病で「臓毒」が原因と考えられるもの。) 湿疹、蕁麻疹、乾癬、アトピー性皮膚炎、ニキビ、化膿症、頭部湿疹、脱毛症、難治性皮膚病、等 各種慢性病 肝胆疾患、腎臓疾患、胃腸病、神経痛、神経症、蓄膿症、等お血証体質  思春期以降の女性は多かれ少なかれこのタイプに属します。典型的なタイプは赤ら顔、肥満していることが多く、爪、舌や舌の裏の血管が暗赤色で怒張している、頭痛、めまい、耳鳴り、のぼせ、肩こり、動悸、便秘等の症状が出やすい。バセドウ病、肝臓障害、神経症、うつ病、胃潰瘍、脳血管障害、不妊、流産、子宮内膜症などの病気がでます。  「お血」とは「オケツ」と読み、漢方医学の特有な概念で、体内・毛細血管内に滞留している血液です。  「お血」とは血液としての機能を失っているだけではなく、人体にとって有害で、いろいろな障害をあたえる毒素で、できるだけ早く体外に排泄すべきものです。  別名は悪血、古血、血毒、死血とも言い、強い毒素です。  「お血」はいろいろな原因で生成されますが、特に女性は月経・お産で必ず生じます。  一貫堂では特に女性の「お血」を重要視し、月経が来た女性は多いか少ないかだけの問題で、必ず「お血」があると考えます。 ◎お血体質のかかりやすい病気は 1.女性の病気(ほとんどが「お血」と関係している。) 生理の異常(生理不順、生理通、生理過多、生理前期症候群、等) 不妊症、産後の諸症状、不正出血、おりもの、慢性膀胱炎、 子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、女性生殖器疾患、 更年期障害、精神不安、神経症、のぼせ、頭痛、肩凝り、動悸、 肌荒れ、ニキビ、シミ、主婦湿疹、シモヤケ、アカギレ 各種慢性病(慢性病はほとんど「お血」が発生している。) 脳溢血、脳血栓、麻痺、高血圧、動脈硬化、心臓病、肝臓病、 痔疾、前立腺肥大、神経性疾患、神経痛、関節痛、腰痛、リウマチ、 難治性疾患(膠原病、潰瘍性大腸炎、癌、等)外因性の「お血」 打撲傷、捻挫、骨折、外傷、手術後、交通事故、等の内出血、 腫脹、苦痛症状を改善する。  3. 解毒証体質  顔色が浅黒い、体格は痩せ型、首が細く、胸が狭い、お腹を触ると非常にくすぐったがる。すぐに風邪をひく、扁桃腺がよく腫れる、中耳炎になりやすい、神経質で虚弱児が多い。青年は、皮膚はさらに濃くなり、憂うつな印象を受ける。結核、蓄膿、ノイローゼ気味である。年を経ると、はげやすく、膀胱炎、膣炎、性病の感染もしやすい。 解毒証体質とは生まれつき肝臓の解毒作用が弱くいろいろな毒素を解毒排泄できないために、幼少時より発病しやすい体質です。(戦前は結核など感染症になりやすかった。現在はアレルギー体質の人に多い。)  血液さらさらお勧めサプリメント小林製薬ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット先天的には丈夫な臓毒証体質とは対照的な体質で、虚弱で発病しやすい。 解毒証体質がかかりやすい病気は.アレルギー疾患 1.皮膚病 アトピー性皮膚炎、慢性蕁麻疹、ニキビ、慢性化膿症、陰部湿疹、各種皮膚病 2.炎症性疾患 慢性風邪症、扁桃腺炎、咽喉炎、リンパ腺炎、中耳炎、鼻炎、蓄膿、気管支喘息、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、男女の生殖器の炎症、肛門周囲炎、痔疾等 2.神経質でいらいらしやすい人  神経症、自律神経失調症、更年期障害、不眠症、高血圧症、等 3.その他  肝胆疾患、腎臓疾患、眼科疾患、等
胃腸はどんな働きをしてるの?? 口から入った食べ物は、消化器官において消化・吸収され、最後に残ったものが糞便として肛門から排泄されます。それまでの道のりは長く、口→食道→小腸→大腸→直腸→肛門となり、全長は約9mにもなります。この距離を口から入った食べ物は2?3日ほどの時間をかけて消化器官を通り、肛門から排泄されるのです。 消化器官である胃腸の主な役割は簡単に言うと人間が生きていくために必要なエネルギーや栄養を吸収することだといえます。また、有害な物質を体外に排泄することも非常に重要です。 しかし、これら消化器官は毎日大量の食物を消化・吸収しているため、トラブルも起こりやすいのです。食生活はもとより、精神的なストレスも深く関係し、様々な胃腸の病気に現代人は悩まされています。 元気な体を維持するためにまずは元気な胃腸です。胃腸の病気をあなどってはいけません。しっかり胃腸について勉強しましょう! 心理的・精神的ストレスは胃腸病に深く関与していると考えられます。この心理的・精神的ストレスが原因となって引き起こされる代表的な胃腸病としては急性胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群などがあげられます。もちろんストレスだけが原因とはいえませんが。 ストレスが胃潰瘍を引き起こすメカニズムは胃の中の攻撃因子と防御因子のバランスが崩れることが原因とみられています。これら胃の中の防御因子や攻撃因子は自律神経に支配・調節されています。この自律神経はストレスに影響されやすいために、さまざまな原因でストレスがたまると攻撃因子と防御因子のバランスが崩れることになるのです。その結果胃腸病が発生するのです。 現代社会においてストレスはたまりやすいと言えます。これは誰にでも言えることでこのストレスを解消することが必要です。人それぞれストレスの解消の仕方はあるかと思いますが、ここでは手軽にできるストレス解消方を少しご紹介します。 体操などの軽い運動 趣味を楽しむ 深呼吸をする 好きな音楽を聴く 睡眠を十分にとる 前向きな思考 などです。できるだけストレスをためない、またはストレスがたまっても自分なりに解消する生活習慣を身に付けることが胃腸に関わらず健康な生活を送る上での重要な点ではないでしょうか。 胃粘膜に対する胃酸などの攻撃因子と胃粘液などの防御因子のバランスがくずれ、胃粘膜の防御力が低下することに起こる。 胃粘膜の防御機能低下は、ストレスによる胃粘膜の血流低下などで障害が起こることが原因。 自覚症状 食後2時間ぐらいの空腹になりだした状態以降、上腹部・みぞおち辺りが痛みだす。潰瘍が深い場合は吐血したり便と一緒に出血する下血もある。 攻撃因子である胃酸の分泌が過剰な場合は、胃酸が逆流してきて食道に入るとげっぷが出たり胸焼けや吐き気も起こる。 治療 胃潰瘍の治療は精神的、肉体的ストレスをなくすことが重要なため、まずは食事などの生活態度を改善することが必要。また、精神的ストレスが大きく影響している場合は胃潰瘍を悪化させることにもなるので、精神安定剤などを使用した薬物療法を行う場合もある。 急激におこる胃粘膜の炎症。原因は暴飲暴食や飲酒、薬剤など原因が食べ物などの外からの原因による急性外因性胃炎と、ストレス、内臓疾患、アレルギーなど原因が胃内や体内にあった場合の急性内因性胃炎とがある。 自覚症状 みぞおちのあたりが重苦しく不快になり、膨満感や胸焼け、吐き気などの症状がでる。その後病状が悪化すると腹痛や吐血、便と一緒に出血する下血もある。また、口臭が出たり、舌が白くなることもある。 治療 暴飲暴食が原因の場合、治療は絶食や安静が中心になる。1日ぐらい絶食すると胃の働きが整ってくるので、その後は柔らかい食べ物(おかゆなど)を徐々に食べだす。薬物療法よりもこういった食事療法が中心 胃液を分泌する胃腺や胃粘膜が萎縮した病態で、萎縮性胃炎と呼ばれることもある。原因の1つとして加齢や老化がある。また、胃の中に生息する細菌、ピロリ菌(へリコバクター・ピロリ)が作り出す物質が胃粘膜に悪影響を及ぼしていることが原因とも考えられている。 上記以外にも急性胃炎の原因となるものは慢性胃炎の原因にもあてはまる。 自覚症状 胃酸の分泌量によって異なるが、みぞおちのあたりが重苦しい、痛い、膨らんでいるような感じがする、胸焼けや胃のもたれなどの症状が見られる。また、体がだるくなったり食欲不振により体重が減少したりすることもある。 治療 症状が比較的軽いようなら柔らかい食べ物を食べたり、アルコール類を減らすなどの食事療法や、睡眠を十分にとるなどの生活習慣の改善が中心となる。 比較的症状が重いようであれば、消化機能も低下しているため消化酵素や胃の運動機能改善薬などを用いた薬物療法になる。 胃の中には大量の食べ物が入ってくるため、それらに含まれた化学物質や発がん性物質が直接胃壁や遺伝子を障害し、悪性腫瘍(がん)が発生すると考えられている。 自覚症状 上腹部やみぞおち辺りの痛みが胃がんの症状として比較的多くみられる。また、腫瘍が潰瘍のようになっている場合は胃潰瘍と同じように特に空腹時になると痛みが出やすく、吐血や便と一緒に出血する下血もおこる。その他食欲不振や吐き気、疲労感、便秘、下痢といった症状もある。 治療 胃がんの治療は発見された時期が早期であったとしても手術による切除が行われるのが基本。手術はがんが発見されたのが早期であれば内視鏡を使用しレーザーで焼き切る方法なども行われる。 腸の構造組織にはまったく異常が無いにも関わらず、腸のぜんどう運動に異常が生じる症候群。主な原因は精神的ストレスや不安感、緊張などで、腸管を支配する自律神経のバランスが乱れることによりおこる。 自覚症状 腹痛を伴い下痢、便秘、下痢と便秘が交互におこるといった症状がでる。これらの場合は便を出せば腹痛はなくなる場合がほとんど。またその他に頭痛や肩こり、不眠などの自律神経失調症の症状を伴うことも多い。 治療 日常の精神的なストレス(不安感や緊張など)を取り除くのが一番だが、それが難しい場合は医療機関の心療内科での治療が適している場合が多い。また、全般的に生活習慣を改善することも必要。 潰瘍性大腸炎に似ているが、潰瘍がさらに深く、大腸だけでなく食道・胃・小腸など消化器官全体にみられ、潰瘍性大腸炎よりも治りにくい。潰瘍性大腸炎と同じく明確な原因は不明だが機能異常を中心にした免疫系の障害が原因ではないかと考えられている。若年者に多い。 腹痛や胃炎など胃腸に関する病気は私たちにとってかなり身近で、多くの人々が悩まされている病気の一つです。 胃腸病にかかる原因は、ストレスや食生活、不規則な生活など様々な原因により引きおこされます。 このサイトではこの多くの方が悩まされている胃腸病について症状や原因などについて解説しています。当サイトが胃腸病予防にお役立ていただければと思います。 自覚症状 腹痛を伴う下痢、血の混じった下痢便のほか、発熱・栄養障害・貧血などの全身的な症状がみられる場合もある。潰瘍が大きくなると外部からもしこりが分かるようになる。また、クローン病が原因で肝臓や関節に障害がでることもある。 治療 潰瘍性大腸炎とほぼ同じ治療法がとられる。原因不明の病気のため、明確な治療法はないが安静、絶食または消化の良い食事など食事や生活習慣の改善が基本になる。また過労や精神的なストレスも避けるようにする。早期の適切な治療では比較的治りやすいが、重症になると入院が必要になり薬物療法をし、それでも治らない場合は病変部を切除する手術も必要になる。また、再発を繰り返しやすい病気でもあるため注意が必要。通販でやわたのしじみの力購入する

痛とは一生のうちになんと80%の人が患う痛みだといいます。 別に現在に限らず昔からあるものですが、 なぜか現在になって腰痛で病院に行く人が増えています。 その理由は「腰痛の若年化」です。 腰痛とは年寄りがかかるものというイメージですが、最近はそうとも言い切れないみたいです。 若い人の筋力の低下、そしてデスクワークの増加、姿勢の悪さが腰痛増加に拍車をかけています。 それとストレス。 これも自律神経を狂わせて腰痛の痛みを強めるのです。 デスクワークは特に椅子に座って若干前かがみになっているその姿勢が、腰にはものすごい負担をかけています。 しかも、あまり動いてないから腰周りの筋肉も弱っていて余計にダイレクトに影響を与えてしまいます。 このように毎日の生活・仕事の中で当たり前のようにしていることで腰痛は発生します。 しかしそれだけではなく関節系や内臓系の病気でも腰痛は発生します。 どーんとした痛みのほかに熱が出たり、冷や汗が出るなどの症状がある場合は注意です。 そして、これは女性に特有なのですが、 女性は遺伝的なものや体の成長ごとに、腰痛になる要素を元々秘めています。 女性は元々遺伝学的に股関節の発育不全が多く、それによって 体のバランスを崩して腰痛になりやすい 「側弯症」になりやすい 胸の発育によって肩こり腰痛を起こしやすい 妊娠出産による腰への負担で発症する 閉経後には骨粗鬆症などで腰に影響が出る場合 があります。 要するに、生まれてから一生この病気に悩まされる素地があるということです。 筋力も弱いですからね。 元々なりやすい構造なのです。 腰痛とは男性も女性も悩ませる憎いヤツですが、ストレッチ体操で筋肉を鍛えたり、仕事中に休憩をこまめにはさむとか、ひどくならないように改善対策をしていくことはとても大事なことです。 日常のちょっとした注意でも腰痛は予防できます。 しかし反対に言えば、腰の痛みはちょっとしたことで起こしてしまうものです。 簡単に考えているとその痛みは慢性化して、年齢を重ねるにつれ生活の質までも脅かすような痛みになっていきます。 それを防ぐためにも、日常的にできる予防をしっかりやっておきたいものです。 重い荷物は片方だけで持たない 腰の痛みは正しい姿勢では起こりにくいものです。 腰痛は体の軸をを歪ませてしまって、その負荷が腰に集中して起こるもの。 できるだけ日頃から軸を傾かせないようにしなければいけません。 毎日の生活の中で気をつけたいのは、重い買い物袋を片手だけに集中させて持たないことです。 それと、できるだけ足を組む回数を減らすこと。 そして猫背は解消して、正しい姿勢を保つことで予防することができます。 どうしても利き手側に物を持つことが多いのです。 カバンなんかもそうですね。しっくりくる肩の方にかけたり持ったり。 「そんなことで・・・」と思うのですが、毎日の積み重ねとは恐ろしいもので体の軸までも変えてしまいます。 足を組むのも骨盤のバランスを崩します。 背骨と直接繋がっている骨です。 根元が歪むと当然その先も歪むのは想像できると思います。 腰周りの筋肉を鍛える 腰の周りの筋肉は腰椎への衝撃を和らげたり、腰椎の動きをフォローして腰椎にできるだけ負荷を与えないようにガードしてくれる存在です。 そんな役目をしているのですから、筋肉が弱ると当然腰椎がノーガードな状態になって、衝撃を受けやすくなります。 この状態はとても危険です。 ぎっくり腰や椎間板ヘルニアをいつ発症してもおかしくない状態になっています。 そんなに激しい運動をしなくても筋肉は鍛えられます。 ストレッチ程度の無理のない運動でいいので、できれば毎日の習慣にして予防していきたいものです。 冷え性や喫煙の習慣を解消する 冷え性は血行が良くない、タバコは血管を収縮させて血の巡りを悪くしますね。 これが腰痛には良くないのです。 腰の筋肉に充分な血が行き渡らないと、老廃物がたまって筋肉が疲れやすくなります。 疲れた筋肉では本来の働きも充分にできませんから、腰痛が起こりやすくなります。 冷え性対策も今はいろんな情報がありますし、タバコも世間で肩身が狭いですし、もし腰のことが気になっているのでしたら、この機会に対策されてみてはいかがでしょうか。 さて、腰が痛いという人の多くの原因は椎間板ヘルニアであったり、坐骨神経痛です。 代表的な2つの病気ですので、耳にしたことはほとんどの方があると思います。 この2つの病気は腰痛の原因になると同時に足のしびれを伴うことが多いです。 しかも、両方の足がしびれるというのではなくて、片方ずつに症状がでることが多いのも特徴です。 ところで、なぜ腰の痛みと足のしびれが関係してくるのでしょうか? とても不思議ですね。 それは、どちらの場合も圧迫されている神経が足まで伸びているからです。 腰付近で刺激された神経は足の先までつながっていますから、足のしびれとして感じることになります。 そして、腰痛が原因でおきる足のしびれは、ひどい人は歩けなくなるほど重大な問題です。 そこまでひどくはなりたくないですね。 そうならないようにするには、とにかく早く腰痛に対処するということです。 放っておくのが一番危険です。 今は少ししびれを感じるだけかもしれませんが、ひどくなってからではなかなか元に戻すことは困難になってきます。 病院に頼るのも大切ですし、自分で腰痛対策を講じることも大切です。 どちらも必要なことです。 まず、原因を探ってみたり、痛みを緩和できる方法がないか調べてみましょう。 腰と足に症状が重くでてしまうと、歩けなくなりますから生活が一気に変化してしまいます。 まだまだ行きたい場所ややりたいことがたくさんあっても、腰や足が痛いとどうしても消極的になってしまい、家にいることが増えてしまいます。 そうすると、他の筋肉も衰えますし、感情も沈みがちになってしまい悪循環です。 そうなる前に自分にあった方法で腰の痛みを緩和できるように努力しましょう。 自宅でケアするならテレビでもおなじみの福辻鋭記先生の方法が簡単にできていいかなと思います。 1人でできますからね。 一般的に若い女性にとって腰痛というのは、あまり経験したことがないものなので戸惑う方が多いです。 しかし、妊娠初期に腰痛が起きることは当然のことですから、あまり慌てないでしっかりと対策をしましょう。 とくに初産の場合は慌ててしまう人もいます。 慌てると無理なストレッチをしたりと赤ちゃんに負担がかかるような運動をしてしまうので落ち着いて対処しましょう。 おなかも大きくなっていないのに、なぜ痛くなってしまうの?と思う人も多いです。 しかし、おなかの大きさが原因の腰痛ではないのです。 妊娠初期から、出産に備えて骨盤は開き気味になります。 骨盤がゆるくなるということは、その上にある背骨や首や頭を支えづらくなるということです。 それで腰に痛みが生じてしまうのです。 もっとも、腰に痛みを感じず、もっと下のほうに痛みを感じる人もいます。 恥骨であったり足のほうが痛いと訴える人もいますが、そのような場合でも原因は骨盤のゆるみ、開きにあります。 なので、妊娠初期の腰を中心とした痛みに対処するには骨盤を締めるための対策が必要です。 専用のガードルなんかも今では手に入ります。 妊娠初期からの腰痛には私も使いましたが、「トコちゃんベルト」は効果ありましたよ!半信半疑ですすめられてつけてみましたが、付けた瞬間にあれだけ痛かった腰痛がピタッと止まりましたからね。 さらに、しっかりと温めてあげるというのも痛みを緩和するのに大切なことです。 お風呂にしっかりとつかって体をしっかりと温めてあげれば血行がよくなり腰痛を和らげることになります。 妊娠初期はいろいろストレスもありますから、血行をよくしてリラックスする必要もありますので一石二鳥です。 さらには妊娠初期の人用の腰痛対策の運動もあります。 骨盤まわりの筋肉がしっかりしている人は、あまり腰に痛みを感じません。 骨盤がゆるんでしまっても、筋肉がカバーできるからです。 もちろんおなかに負担のかからない正しい方法で運動をするのが絶対条件です。 妊娠初期の腰の痛みには家庭で対処できます。 ですから、情報を収集してしっかりと痛みを抑えて出産準備にとりかかりましょう。 特に睡眠は大事ですよ! 睡眠不足は体調にも影響しますし、ストレスにもなってお腹の中の赤ちゃんにも良くないですよね。 じつは産婦人科でも使われている妊婦さん専用の腰痛軽減マットって一般向けに発売されているんです。 私も以前は知らなかったのですが、腰痛で眠れなかった妊婦のママ友達も愛用していますが、ぐっすりと眠れて爽快だそうです♪ 今使っている敷布団やベッドの上に置くだけなので楽ですよね^^通販 こちらなんですが、暇な時にでもベルタ葉酸サプリ参考に見てみてください。 腰痛が出てしまうと、寝たきりになってしまったりあまり動かなくなってしまう人が多いです。 しかし、それでは腰痛は改善しません。 もちろん腰痛の種類によっては安静にしておくほうがいい場合もあります。 でも、自宅でもできることがあります。 それは腰痛体操です。 腰痛体操というのは腰痛を予防したり改善するための体操です。 わりと簡単なものが多く、腰の痛みを和らげるためのストレッチというイメージです。 筋肉や関節を柔らかくすることを目的に考えられた運動が多いです。 誰にでもできるような運動ですが、続けていくことによって腰痛を緩和することができます。 体操ということであまり難しく考えずに、ラジオ体操のようなつもりでまずはやってみるといいでしょう。 たとえば、床に仰向けに寝て膝を片方ずつ抱えるという運動も、ひとつの腰痛体操です。 これくらいなら誰でもできる運動ですし、寝る前に少しできますね。 左右とも10秒間を2セット行えば腰の筋肉の一部を柔らかくすることができるのです。 少しなれてきたら、高度な腰痛体操にも挑戦できます。 例えば、足を交差しながら立ち、両手を床につけるという運動もあります。 もちろん無理して手をつける必要はありません。 できるところまで手を下げれば大丈夫です。 だんだんと下がるようになってきます。無理をすると余計腰の筋肉を傷めてしまって、腰痛がひどくなることもあるからです。 さらに普段から心掛けたいのは、腹筋と背筋を強化する運動です。 腹筋と背筋がバランスよく発達すれば腰の痛みはかなり改善します。 バランスよくというのがポイントになります。 今回紹介したのは腰痛体操のほんの一部です。 いろいろな専門家が考え出したストレッチや体操がありますから取り入れてみるといいでしょう。 自宅でも腰痛対策ができるということは、腰の痛みに悩まされている人にとって明るいニュースですね。 運動不足は腰痛を招きやすい体の状態を作ります。 体格をよく見せようと体を鍛えている人は多いですが、腰のことはあまり意識していない方が多いのも事実。 一生懸命鍛えて筋肉隆々になっても腰周りを鍛えていなければ、いつかぎっくり腰は当然のようにやってきます。 運動のやりすぎはかえって体を痛めてしまい、そのしわ寄せは体の根幹である腰に集中して腰痛を招いてしまいますので、何でもやりすぎは注意していただきたいですよね。 腰を鍛えるのにそんなに激しい運動を必要としません。 毎日の散歩やストレッチなどで充分です。 まぁ、でもこれがなかなか出来ないんですよね。 この軽い運動さえ毎日出来たら腰痛も成人病も肥満もサヨナラできるのはわかってるのに、そういう単調な運動ほどつまらないものはありませんよね。 そこでいろんなスポーツをして楽しんでいる方も多いと思います。 ストレス解消になったり運動不足解消になったり良いこともたくさんあるのですが、腰痛予防という観点から見ると逆効果になっている場合があるんです。 そのスポーツ自体は素晴らしいものなんですが、腰痛を起こしやすいという自覚を持ちながら注意して頂きたいなと思います。 どんなスポーツが腰を痛めやすいのでしょう? ひとつずつ見て行きたいと思います。 球を打つときの動作を思い浮かべるとお察しはつくかと思います。 大きく腰をひねり、勢いをつけて回転させますよね。 一打うつごとに腰に大きなダメージを与えていると思っておいてください。 そして広いグリーンをずっと歩いてあまり休憩することが少ないスポーツです。 これも腰を痛める大きな要因になります。 ゴルフを趣味とされている方は、意識してしっかり腰を鍛えてください。 単調なストレッチはつまらないものですが、ゴルフを楽しみたいなら必至です。 それができないなら、ちょっと可動域は狭まりますが、しっかりと腰をカバーするコルセットを装着しましょう。 ゴルフを楽しまれる年代は中高年以上の方が多いと思います。 ただでさえ腰痛になりやすい年代です。 注意しないと本当に腰を痛めてしまいますよ。プロの選手を見てください。 腰をはじめ、ひざや肩を痛める人の多いこと。 野球やサッカーはそれくらい激しいスポーツです。 スライディングやヘディング、ジャンプや選手同士の激突などでも体にものすごい衝撃を受けていますね。 衝撃はもちろん背骨を通じて腰椎に大きな負荷をかけますし、多くの時間を走っていますので足からの衝撃も腰は吸収しなくてはいけません。 だから体を痛めているプロ選手が多いのです。 それにしても、腰痛とは中高年特有のものだというイメージですが意外と若い人にも多いんだな?!と驚きました。

アトピー性皮膚炎の治療に温泉治療があります。そこそこの効果は確認されているようですが、どこからどこまでが温泉による効果なのかは不明です。考えられる点は、お湯によるスキンケアの効果と体を温めると言うところではないでしょうか。しかし、これがアトピー性皮膚炎に効果があることを前提としても、それ以外の食事療法などを平行して行う必要はあるでしょうね。もうひとつは、温泉はどこにでもあるわけではなく、たとえ温泉があったとしてもアトピー性皮膚炎に良い効能がなければ意味がないでしょう。そうすると限られた場所に出向かない限り温泉に入ることができないので、期間が限定されてしまうか、移住を考えなくてはなりません。旅行ついでに温泉に入る程度では、おそらく効果はないだろうし続ける必要があると思います。この場合は、温泉治療するためにそれなりの費用も必要になって、費用に比例した改善効果が見込める保障もありません。こうなってくると違う選択肢もあると考えます。アトピー性皮膚炎は、指に症状が出る場合もあります。特に指は症状が出やすい部位とも言えませんが、冷えた場合に出やすいと言えます。アトピー性皮膚炎の症状は、季節などにも左右されやすく、基本的には全身どこにでも症状がでると言えます。しかし、多くの人は全身に症状がでているわけではなく、軽い症状の人はひじやひざと言った部位だけに症状が出ている具合だと思います。指に症状がでやすい季節は、冬だと思います。冬になると指先などが冷えやすいからなのか、症状がでやすい傾向にあるようです。また、気温が上昇すると治りやすい傾向もあるようで、夏になると治って再び冬に症状がでる繰り返しになる場合が多いようです。指と言っても間接の部分に症状がでやすい特徴もあり、ひどくなるとあかぎれになって痛みを伴います。善玉菌の減少なども原因で腸内細菌を増やすことで改善する例も多く見られます乳酸菌の効果的摂取により症状の改善が期待できそのためには通販で適切な乳酸菌サプリの摂取がよく特にクレモリス菌FC株配合の善玉菌のチカラを通販で購入することがよいかと思われます

アトピー性皮膚炎の患者は、花粉による影響を受ける場合もあるようです。花粉症がアレルギーの一種である限りきっても切れない関係にあるのでしょう。アトピー性皮膚炎の患者は、肌皮膚炎以外の喘息や蕁麻疹などのアレルギーを引き起こす確立が高いのだそうです。ですから、花粉などの影響を受けても不思議ではないと思います。特に今年は、花粉が多い年と言われているぐらいですから、肌アトピー性皮膚炎の人も少なからず影響を受けるでしょう。ただ、アトピー性皮膚炎の患者すべてに花粉の影響がでるのではなく、限られた人だけが症状の悪化を招くようです。こう考えるとアトピー性皮膚炎と花粉が直接関係していないような気もしますね。たまたま、花粉の季節に症状が悪化した場合も、それが花粉の影響であるか偶然に花粉の季節に悪化してしまっただけなのか? 見分けるのは難しいでしょうね。アトピー性皮膚炎は、自然治癒する場合もあります。肌つまり、特別な治療などを施さなくても、自分の治癒力で治る場合もあるのです。本来、赤ちゃんや子供の頃に発祥したアトピー性皮膚炎は、大人になれば治ると考えられていました。自然治癒していたんですね。現在でも赤ちゃんの頃に発祥した患者の約3割ほどは自然治癒するようです。この時点で言えることは、アトピー性皮膚炎は治る疾患であると言うことです。肌自然治癒したアトピー性皮膚炎と言うのは、保湿がかかせないとか、ちょっとしたことがきっかけで再発してしまう状態ではありません。肌の状態もよく、健康な人とかわりない状態です。この自然治癒した状態のような人のことを完治と言うのではないでしょうか。ただ、何らかの治療で自然治癒したような状態にするのは、現代医学では不可能と言えるでしょう。保湿が欠かせないとか食事に気を配らないと再発してしまう状態は、完治とは言えないと思います。肌脱保湿とは、いままで行っていた保湿をやめると言うことですが、アトピー性皮膚炎の場合は脱保湿が正しい選択とは言えないと思います。アトピー性皮膚炎の患者は、基本的にセラミドが少ないと言う欠点があるので、バリア機能が健康な人より弱いがために保湿でカバーするのが一般的な考え方だと言えます。アトピー性皮膚炎は、皮膚の病気ではないと言われますが、皮膚にも問題があることがわかっています。肌ですから、アトピー性皮膚炎の患者が保湿を行うのは当たり前と言えば当たり前なのではないでしょうか。ただし、保湿は毎日欠かさず行う必要もあり、これを続けることによって、ますます乾燥肌が進むと考える人もいるようです。この場合、脱保湿することで保湿を必要としない状態になりたいと言う考え方です。しかし、脱保湿したところで潤いが戻ることはないかと思われます。通販で購入してピタヤと青汁のグラマラスリム・スムージーを飲むのだ
チーズは牛乳が持っている豊富な栄養素を全て凝縮している発酵食品ですが、チーズの成分となっている乳酸菌や酵素の力によってカルシウムがタンパク質と結びついていますので、牛乳よりもカルシウムの消化吸収が良くなっています。また、牛乳に含まれているラクターゼという乳糖を消化する酵素を持っていない「乳糖不耐性」の方でも、チーズではラクターゼが乳酸菌で一部分解されていますので消化されやすくなっており、お腹をこわすことはありません。
チーズの乳酸菌は腸内環境の改善にも役立っており、腸内で有害物質を作る悪玉菌を減少させています。そして、骨の主要な構成はカルシウムとリンとなっており、体内に入ってきたカルシウムを骨に沈着させるためにはリンも
必要なのですが、チーズはリンも含んでいますので、骨や歯を強化しなくてはならない骨粗しょう症の予防と改善にぴったりの乳製品と言えますね。チーズには数多くの種類があり、それぞれ味や色、食感、匂いなどが異なっています。よく見かけるのはプロセスチーズで、これはそのまま食べたりサラダに加えることができます。また、ハンバーグやピザに使ってもいいですね。クリームチーズはお菓子に使うことができますし、カマンベールチーズはフライやソテーなどにしてジャムを添えれば、お酒のつまみにもぴったりです。チーズが苦手という人でも色々なチーズを試してみると、お気に入りのものが見つかるかもしれませんよ。

美肌にいいのはプラセンタ サプリメント

ごまは健康食品として用いられており、ゴマに豊富に含まれているオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸は血中コレステロール値を低下させる働きがあり、美容と健康に効果的な食品となっています。ごまに含まれているゴマリグナンの1種であるセサミノールはごま特有の抗酸化物質ですが、これは活性酸素の生成を抑制し、細胞の老化やガンを促す過酸化脂質が作られるのを防止する働きを持っています。多くのカルシウム成分も含まれているゴマは、骨粗しょう症だけでなく健康食品としても優秀ですね。ごまは他の食材と混ぜ合わせることができ、パラパラっと振りかけるだけですぐに使うこともできますので、メニューに加えやすいものです。ほうれん草のおひたしや青菜の胡麻和え、手作りふりかけなどに利用すれば、常備菜として毎日の食卓に上っても飽きませんよね。また、酢はカルシウム吸収を助けますので、茹でた肉や野菜を
三杯酢で和え、上からごまを振りかけて食べても良いでしょう。手軽に使うことができるごまですが、1つ注意していただきたいことがあります。それは、食べる直前に炒ったものを摩り下ろして使う、ということです。ごまをそのまま使うと外部にある硬い皮によって消化が悪くなり、体に吸収され難くなりますので、摩り下ろしたり、ペースト状にしてから使うようにしましょう。風味も良くなりますし、せっかくごまを食べるのですから、効率良く栄養価をとりたいものです。

O脚で悩んでいる女はとても大勢といわれていますが
【O脚を治して脚やせをしたいと思っている人物も多いようです。】ØΘ
【O脚を矯正して足痩せをしたい女は各種な窮余の一策でO脚足やせをするために努力をしています。】
例えば、大腿骨矯正をしてO脚
足やせをする女もいますし全身美容などでO脚
足やせをする女も多いと思います。
O脚足や瀬は全身美容部屋などでも矯正することが
出来ますし日夜の生活の際にポーズに気配をつけたり
歩き方を治したりするだけでも足先
足やせに力を発揮するがあらわれるといわれています。
ここ数年で美容整体や矯正専門治療を行っている
クリニックが増えていますがそれらの公的機関へ

足

言ってO脚を解消させて足やせをすると良いかもしれません。
通うだけではO脚はなかなか矯正出来ませんし
足やせの作用もいまいちだと思います。
日夜の生活のうちで改善しながらそれと
直後O脚手当てを受けたり矯正の整体を
うけたりすることでO脚矯正足やせに好結果が出ると思います。
O脚かどうかはまずはO脚の真因を知ってからにすると良いですね。
ほとんどの人物はO脚と併せて足のむくみも
気になる女もいると思いますから
一遍矯正することをおすすめします。

足

O脚は思っている以上に肉体にしわよせを与えます。
O脚の理由を知ってO脚を解消することによって
足やせを実現しましょう。
最初にO脚の理由には盛りだくさんのなことがあげられます。
例えば乳飲み子の時に歩行器を使ってる人物は
O脚になりやすいといわれていますし
童子の頃に横座りをしていた人物はO脚になりやすく
足やせに悩むといわれています。
またなんらかの怪我によって
足首をひねったりしてもO脚になりやすいと
言われそれが足やせの不都合につながります
これはO脚の主なきっかけではありますが
間接的な理由もあります。

足

O脚で悩んで足やせしたいと思っている
人物は例えば、食事の好き嫌いがあって
偏食だったり、運動不足、下帯をきつめのものを
着用しているなどといったこともきっかけにあげられます。
またO脚で悩んでいて足やせしにくい人物はひずみが多くて
生活習慣も無秩序な人物が多いのではないでしょうか。
思い当たる人物はO脚になりやすく
足やせ出来ないといわれていますから
注意が必要です。

足

O脚の人物というのは生まれつき
O脚という人物はいないといわれています。
日夜の生活のうちでの格好や素行が
悪いくせがO脚になってしまったり足やせ出来ないきっかけです。
O脚になるきっかけはこのようにいっぱいありますから
日夜の生活の中心で少しずつ気をつけていく必要があるといえるでしょう。

わきがの原因になっている関係している汗腺は二個あるのですが

先頭を切るわきがに関係している汗腺はアポクリン汗腺です。

アポクリン汗腺はどこにあるのかというと

わきがといえば脇ばらです。

そして脇だけでなく体のいたるところに点在しています

アポクリン汗腺は乳輪や性器など人体に

閧幃摩の周囲の体毛が密集しているところにも

あるといわれています。

わきがは多汗症とも関連しているといわれています。

わきがと多汗症に共通して言えるのはアポクリン汗で

この化合物はたんぱく質や糖質など食事で消化されたもので

アンモニアなどによって生成されています。

脇どちらかというとこのアポクリン汗は

ワキガのきっかけになるくらいの汗ですから

さらっとしたさわやかな汗ではなく、少しべとついた汗です。

ワキガに有効なのがラポマインですがネットの販売店しかありません

ワキガのにおいのもとを除菌してくれます

除菌率99パーセントにもなりますね

わきがの起爆力になっている汗はいやな臭いは

目立ってしませんが

ではなぜわきがが臭うのでしょうか。

それはアポクリン汗の内部の化合物が表皮について

脇

それによって病原体が分解されて

力強い刺激臭が発生してしまうのです。

これがワキガの引き金となるになります。

わきがと一緒に多汗症になってしまうと

汗がたわわに出ますし

わきがの腐敗臭のスペースが広くなってしまいます。

これがわきがで悩んでいる人物の一等の心痛ではないでしょうか。

汗は緊張したり悩んだりいらいらが

たまっていると出やすいといわれています。

ですからわきがに苦悩すぎて

また汗を問題なくかくことになって

それがわきがを悪化させるとも言われています

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!